産後の抜け毛が酷くならない洗髪方法

産後の抜け毛が気になる人の正しい洗髪方法

 

産後の抜け毛が気になるのは、お風呂のときに排水溝に抜け毛が溜っている時です。軽く流したり、髪を洗っているだけで抜け毛がすごいので気になります。

 

もしかして、このシャンプーが原因?とも思っている方が多いと思います。このページでは産後の抜け毛にお勧めのシャンプーの選び方と商品をご紹介します。

 

髪を濡らす前にブラッシングをする

 

髪を濡らす前にブラッシングしましょう。ブラッシングをする事で髪の汚れを取る事が出来ます。ただ、このブッシングをするときにもやり方が悪いと髪の毛や頭皮に負担をかける事になり抜け毛が増えてしまいます。

 

ブラッシングをするときは、丁寧に優しく髪の根元から梳かしましょう。無理やり引っ張たりすると切れげや抜け毛の原因になりますし、ささっと済ませたいから早く梳かすと静電気で髪にダメージを受けます。丁寧に優しくを忘れずに!

 

シャンプー前のブラッシングは毛の流れに逆らうように梳かします。つまり、つむじに向かうようにブラッシングをすると頭皮や髪の毛についた汚れを落とす事が出来ます。

 

ブラシも綺麗な物を使いましょう。ブラシ自体が汚ければ髪の毛に汚れを増やしているような物です。ブラシは常に清潔にして頭皮を傷つけにくい豚毛や猪毛がお勧めです。

正しいシャンプーの仕方

ブラッシングした後は、初めて髪を濡らします。地肌まで濡れるようにお湯でしっかりとすすぐようにしましょう。お湯ですすぐだけで髪や頭皮の汚れを落とす事が出来ます。

 

●正しいシャンプーの仕方

1.シャンプーを泡立てる
手の平に適量のシャンプーをとり手のひらである程度泡立てましょう。直接シャンプー剤を頭皮につけてから泡立てると頭皮や髪に強い刺激を与える事になるので、手の平で泡立ててから洗うようにしましょう。

 

2.頭皮をマッサージをするように洗う
爪を立てずに指の腹を使って揉むようにマッサージをするようにしましょう。洗い残しがないように、襟足、後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部、生え際の順で洗いましょう。

 

3.洗い残しがないようにしっかりすすぐ
シャンプーが頭皮に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。頭を下向けて髪の毛に逆らうように流すと良いです。洗い流すときだけシャワーを使うといいと思います。洗い残しがないようにためすすぎをしたりするのもいいと思います。

洗髪後はドライヤーでしっかりと乾かす

 

洗髪後は、ドライヤーをしっかりして乾かしましょう。髪の毛が塗れたままだとキューティクルがひらいたままになりダメージを受けやすい状態です。髪がパサパサになる原因になるので乾かしましょう。

 

また、頭皮に存在する常在菌が繁殖してしまう原因になり頭皮ダメージが増えます。雑菌が頭皮の皮脂を食べて増えるからです。すると、頭皮の皮脂が一時的に減るので皮脂を過剰分泌してしまいます。

 

だから、しっかりと髪の毛を乾かす事が大切です。ショートヘアーの人はいいのですが、ロングヘアーの人は髪が中々乾かないです。だから、タオルドライをして髪の毛が乾きやすくする事が大切です。

 

そして、ドライヤーの高温度は髪にとってはあまりよろしくないです。だから、乾かすときは20〜30cm程離して乾かすようにしましょう。

産後の抜け毛にはアミノ酸シャンプーがお勧め

 

産後の抜け毛がどうしても気になる方はシャンプーを替えてみるのもいいです。変えたからといって産後の抜け毛が減るわけではありませんが、1つの対策としてはお勧めです。

 

例えば、高級アルコールを使用したシャンプーは、鉱物油や動植物油脂で作られた合成界面活性剤が多いです。これは、刺激が結構強めなのでデリケートな頭皮にはちょっとしんどいです。

 

特に、産後は頭皮が敏感になりやすいとも言われており低刺激のアミノ酸シャンプーでノンシリコン・無添加の物がお勧めです。当サイトでもご紹介しているので参考にしてください。

 

●管理人の一言

今回は産後の抜け毛が気になる人のためのシャンプーの仕方を解説しました。これが絶対ではありませんが、頭皮を傷つけるような仕方をしているのであれば即刻やめてください。

 

髪を洗うだけでなく洗う前のブラッシングや洗った後にドライヤーでしっかりと乾かす事がです。産後の抜け毛は女性ホルモンの低下が関係しているので女性ホルモンのバランスが良くなってくる半年後には抜け毛の心配が減るかもしれません。