貧血の人は産後の抜け毛が悪化する?

貧血は産後の抜け毛に関係があるの?

 

産後の抜け毛と貧血は少なからず関係はあります。産後は育児家事に追われて自分の食事は後になって食生活が悪くなってしまいます。そのため、鉄分やビタミンが不足して貧血気味にもなってしまいます。

 

貧血は女性に多い悩みの1つでもあります。このページでは、産後の抜け毛と貧血の関係について解説していきます。どうぞ参考にしてください。

 

貧血は抜け毛と関係があるの?

 

貧血という状態は、血液中のヘモグロビン濃度、赤血球数が減少している事です。これらが不足する事で酸素の運搬機能が低下して代謝効率が悪くなってしまいます。

 

すると、細胞の成長が止まってしまい髪の毛の成長も一緒がゆっくりになり抜け毛や薄毛の原因になっています。つまり、貧血を起こしている状態だと髪が上手く成長する事が出来ないわけです。

 

しかし、貧血を改善したら髪の毛が生えるかというとそんなに単純ではありません。薄毛の人が貧血で貧血を治したのに薄毛が治らないケースの方が多いです。

 

根本的には、普段の食事が悪く栄養が不足しているのかもしれませんし、他にもストレスなど色々な原因が複合的に絡み合っている可能性が高いです。

 

少なくとも、産後の抜け毛は女性ホルモンの低下が原因で貧血がさらに悪化させている可能性があります。

貧血の人は栄養不足の人が多い

 

産後から貧血気味という人は注意した方が良いです。あまりにひどい場合は、病院に一度行きましょう。貧血気味の人はタンパク質やビタミンなどの栄養が不足している人が多いので食事を見直す事が大切です。

 

貧血対策に定番なのが鉄分です。しかし、鉄分は体内に吸収されにくいという事もあり食べるときにはビタミンCと一緒に摂取すると体内に吸収されやすくなります。

 

鉄分が多いのはひじきやレバー、牛肉があります。フルーツだとアサイーがお勧めです。アサイーはレバーの約4倍の含有量と言われていますのでアサイーボウルやアサイージュースを飲むといいと思います。

意識して取りたい食事

 

貧血気味の人は栄養不足である可能性が高いのでしっかりと3食は食べるようにしましょう。タンパク質が不足のはダメです。髪の毛の99%がタンパク質(ケラチン・L-システン)で出来ているので不足してしまうと髪の毛を作る事ができなくなってしまいます。

 

特に、必須アミノ酸は体内で生成する事ができないので食事からとらなければなりません。タンパク質をちょっと意識するだけで必須アミノ談を摂る事が出来ます。

 

また、産後の抜け毛が気になる人は大豆イソフラボンがお勧めです。大豆イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれていて女性ホルモンと似たような作用を持っています。女性モルモンを整える事が出来るので低下している時期に摂取するのはいいです。

 

さらに、髪の毛の成長因子であるIGF-1というホルモンを分泌する作用があるので髪の毛の成長にとっても非常に重要な成分です。

産後の抜け毛にお勧めの女性育毛剤

 

産後の抜け毛がどうしても気になる方は食事だけでなく女性用育毛剤を利用するのがお勧めです。髪の成長をサポートする育毛成分が含まれているので抜け毛対策にもなります。

 

また、産後は頭皮が敏感になりやすい時期ともいわれていおり、頭皮環境が悪化してしまう可能性があるので育毛剤で頭皮環境を整える事が大切です。

 

当サイトでも女性用育毛剤をご紹介しているので購入の参考にしてください。

 

●管理人の一言

今回は、貧血と髪の毛の関係について解説していきました。産後に貧血を起こすと栄養不足になり髪の毛に栄養がいかなくなるので抜け毛や薄毛の原因になります。特に、次に生えてくる髪が細くなる可能性があります。

 

産後の抜け毛は女性ホルモンの低下なので貧血を改善したからといって減るわけでありません。それよりも髪の毛の大半を占めるタンパク質を取る事が大切です。その上にサポートとして育毛剤を使うと良いと思います。