女性ホルモンの低下が産後の抜け毛に!

産後の抜け毛は女性ホルモンの低下が原因

 

産後2〜3ヶ月頃から抜け毛が多くなるのは女性ホルモンの低下が関係しています。女性ホルモンは髪の毛と強い関係がありキレイな髪の毛を生やすためにも女性ホルモンは重要なんです。

 

しかし、産後はどうしても女性ホルモンが低下、乱れるのでごっそりと髪の毛が抜ける事もあります。このページでは、産後の抜け毛と女性ホルモンの関係について解説しています。

 

産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの低下

 

女性ホルモンは、エストロゲン(乱暴ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンのどちらのホルモンも一緒に分泌量が増えます。

 

しかし、出産が終わると大量に出ていたエストロゲンとプロゲステロンが低下します。すると、髪の毛の成長期が終わり休止期に変わってしまうため抜け毛が増えます。

 

本来は抜けるはずだった髪の毛が妊娠中はj女性ホルモンが増加するため、髪の毛が成長期のままで抜けなかったわけです。

 

エストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、プロゲスロンには育毛を維持する働きがあります。女性ホルモンは髪の毛にとってとても大切なホルモンです。

産後の抜け毛はいつまで続くのか?

 

産後の抜け毛は約半年間続くといわれており、それ以降は抜け毛も落ち着いて元の髪に戻ろうとします。しかし、中には半年では収まらずに1年以上も続く人がいます。

 

基本的には半年程度で終わる人が多いのですが、1年以上も経つのに抜け毛あまりにもひどい場合は病院へ行く事をお勧めします。女性ホルモンの低下以外にも原因があるかもしれません。

 

とりあえず、はじめの半年程度は抜け毛対策をしても恐らくあまり効果を感じる事ができないかもしれませんが、この半年間の間にしっかりと対策をした方がいいと思います。

 

家事や育児などやる事が多くなるので生活に追われる事が多いです。赤ちゃんの夜泣きもあるので、ゆっくりする時間もとるのが難しいです。女性ホルモンの低下以外でも抜け毛を酷くさせている可能性があります。

産後の抜け毛は女性ホルモンだけではない

 

産後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの低下だけではありません。ストレスや睡眠不足も抜け毛の悪化に関わってきますし、食事面でももちろん関わってきます。

 

ストレスを受けるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されて活性酸素を排出するので毛母細胞の老化を進めますし、女性ホルモンを低下させて男性ホルモンが優位になる事があります。

 

睡眠不足もストレスの元になりますし、逆にストレスが睡眠不足になっているかもしれません。しっかりと質の良い睡眠をする事で、成長ホルモンが分泌して髪の毛の成長をサポートします。

 

栄養不足になれば血流から髪の毛が栄養をもらう事ができないので成長する事が出来ません。そうなれば髪の毛が細くなったり抜け落ちてしまう可能性があるわけです。

産後の抜け毛を抑えるの方法

 

産後の抜け毛をちょっとでも抑えたいならストレスや睡眠不足にならないようにしましょう。この2つが原因でうまく女性ホルモンが安定しないのかもれないのが抜け毛の期間を伸ばしているのかも?

 

少なくとも髪の毛と関係している以上は悪影響を与えない様にストレスは解消してしっかり眠る事です。もちろん、1人では無理なので旦那さんに協力をしてもらいましょう。

 

伝えるときには、「私は…」という事言い方はせずに優しく語り掛ける感じでお願いして、やってくれたときには感謝の気持ちを伝えましょう。言い方が悪いと口喧嘩になって余計にストレスが溜ります。

 

あまりに気になるようでしたら女性用育毛剤を利用してみるといいと思います。抜け毛を減らすような効果はありませんが、頭皮環境を改善したり、髪の毛の成長をサポートする成分が配合されているのでお勧めです。

 

●管理人の一言

今回は産後の抜け毛と女性ホルモンの関係について解説していきました。妊娠中は出産に控えて女性ホルモンを高めますが、出産すると急激に低下して抜け毛が増えます。

 

抜け毛が増えると不安や恐怖を覚えてしまいますが、これは普通の事だと受け止めてストレスをため込まない様にしましょう。普段の生活でもストレスをため込まずにちょっとズづストレスを解消していかないとストレスが爆発してしまいます。