母乳が産後の抜け毛に関係あるの?

母乳がどのように抜け毛に関係しているのか?

母乳で育てる

 

産後の抜け毛で悩んでいるのは約7割以上います。産後の抜け毛の時期と母乳を上げている時期が同じなので母乳が関係しているのかと疑問を持つ方も多いです。

 

だから、このページでは母乳と産後の抜け毛の関係について解説しています。

 

そもそも産後の抜け毛の原因とは?

 

母乳とは関係なしに産後の抜け毛がひどいのは女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンについて知っている方はこの項目は飛ばしてください。

 

妊娠後期には、出産に控えて女性ホルモンが高くなるので髪の毛の成長サイクルを長くしています。出産を機に女性ホルモンが低下して髪の毛が休止期に入るので産後2,3ヶ月頃から抜け毛が増えていきます。

 

4〜6ヶ月ぐらいをピークに抜け毛が増えてその後は生理も戻ってきて女性ホルモンのバランスもよくなり抜け毛を収まります。人によっては期間がずれる事があるので注意が必要です。

産後の抜け毛と母乳の関係とは?

 

母乳が抜け毛に関係しているかを特定する事は非常に難しいです。確かに、母乳を通じて赤ちゃんに栄養を持っていかれて髪の毛にいく栄養が不足している可能性はあります。

 

また、完全母乳だと母乳を作るプロラクチンが大量に分泌されてしまうとホルモンバランスが戻るのが遅くなるので抜け毛が続いてしまう可能性があります。

 

また、産後の抜け毛のピークが半年ぐらいまでに来るのでそれ以降も抜け毛がひどいようでしたら母乳の可能性もありますし、一度病院(皮膚科・産婦人科)に行って相談すると良いと思います。

断乳すれば産後の抜け毛が収まるの?

 

断乳すれば抜け毛が止まるかは、正直分かりませんし、恐らく対して変わらないと思います。母乳に関しては赤ちゃんの事を一番に考えてあげるのがいいと思います。

 

少なくとも半年間は抜け毛がひどい時期なので半年以内に断乳する必要はないと思います。卒乳する時期は、特に決まっていないようですが、平均的には、1歳〜1歳3ヶ月の間に母乳をやめる方が多いようです。

 

産後の抜け毛は、女性ホルモン以外にも食事による栄養不足や家事・育児のストレス、睡眠不足も関係しています。母乳よりもこちらの原因を解消する事が大切です。

半年以上も経っているのに抜け毛が終わらない原因

 

半年以上経っているのに抜け毛がひどいのは、栄養不足とストレス、睡眠不足が考えられます。出産をした後は体重を戻そうと食事の量を減らしてしまいます。

 

食事の量が減ると栄養が偏ったり栄養が少なくなります。髪の毛で大切なタンパク質やビタミン、ミネラルが不足すると髪の成長を阻害する事になります。だから、食べ過ぎは太る原因になりますが、しっかりと食べるようにしましょう。

 

初めての育児はストレスが溜ると思います。夫も協力してくれないとその分ストレスを感じる事も多くなります。ストレスを感じると女性ホルモンが低下してしまうので抜け毛の原因になります。

 

また、夜泣きもあるので睡眠不足の人もいるでしょう。睡眠不足もストレスの要因になりまうし、成長ホルモンが髪の毛の成長を促すので大切です。睡眠不足にならないように小まめに睡眠をとるようにしたり、夫に協力してもらいましょう。

産後の抜け毛には育毛剤を使おう!

 

抜け毛が気になるようであれば、女性用育毛剤を利用するのがお勧めです。産後の抜け毛は元に戻ると言われていますが、思うように戻らない人もいます。

 

抜け毛がひどいときは、女性用育毛剤を利用する事で頭皮環境を改善する事が出来て髪の成長をサポートする事が出来ます。何もしないよりは育毛剤を利用した方がずっといいと思います。

 

実際に、女性用育毛剤を利用する事で抜け毛が減った方や分け目が気になっていたけど気にならなくなった、前髪や髪全体にボリュームが出て良かったという声もあります。当サイトでもお勧めの育毛剤を紹介しているので参考にしてください。

 

●管理人の一言

今回は、産後の抜け毛と母乳の関係について解説していきました。母乳は栄養不足や女性ホルモンが戻るのを遅れさせてしまう原因になっている可能性があります。

 

母乳より食事やストレスなどの原因の方が大きいと思うので食生活とストレス解消をするようにしましょう。また、育毛剤を使って抜け毛を抑えるのも一つの手段です。半年以上抜け毛が続ているようであれば一度病院に行って相談した方がいいかもしれません。