産後の抜け毛の本数ってどのくらいからやばいの?

産後の抜け毛の本数ってどのくらいなの?

 

産後は抜け毛が多くなるのは知っていると思います。病院でも2ヶ月目頃から抜け毛が増えるのですが、心配しないでください。なんて言われたんじゃないですか?

 

産後の抜け毛は一過性の物で半年から1年程度で収まるので元に戻る事が多いです。産後の抜け毛本数がひどい人もいるみたいで、心配な気持ちは分かります。このページでは産後の抜け毛の本数について解説しています。

 

産後の抜け毛ってどのくらいなの?

 

産後の抜け毛に関係なく、私達は毎日髪の毛が抜けています。およそ1日に約70〜100本程度の髪の毛が抜けています。それが、産後の抜け毛になると200〜300本程度が抜け落ちるので不安に思うママが多いです。

 

抜け毛が多いからといって慌ててはいけません。産後の抜け毛は約7割りの方が経験している事で本当に普通の事です。ここで、変に不安になってストレスを感じてはいけません。それが抜け毛を悪化させます。

 

産後の抜け毛は、出産してすぐに起こるわけではなく2ヶ月目から抜け毛が増えて半年ぐらいまで続きます。1年も経つと抜け毛減ってくる人が多いです。

 

人によっては、1年半以上も続いているのに抜け毛が収まらない人もいますし、産後の抜け毛が原因で薄毛や頭皮が見えるような感じになってしまった人もいます。

そもそも産後の抜け毛の原因とは?

 

そもそも産後の抜け毛の原因とは何なのでしょうか?それは、女性ホルモンです。妊娠中は出産に備えるために女性ホルモンの分泌が多くなります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

 

エストロゲンは髪の毛の成長をサポートしプロゲステロンは髪の毛を維持する働きがあります。つまり、妊娠中は女性ホルモンが多くなる事で休止期に入るはずだった髪の毛が成長期のままなので髪が抜け落ちにくい状態です。

 

それが、出産を機に女性ホルモンが低下して髪の毛が一斉に休止期にはいるので髪の毛が抜けます。これが、産後の抜け毛の原因になっています。

 

産後は女性ホルモンの影響なのでどうしても髪の毛は抜け落ちるので気にしすぎない事です。一応、お勧めとしては豆乳などに含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような作用を持っているので女性ホルモンを整えるという意味でお勧めです。

女性ホルモン以外の原因とは?

 

産後の抜け毛から髪の毛が回復する人としない人がいます。それは、女性ホルモン以外が関係しているのではないかと私は思っています。

 

特に、女性の場合はストレスがかなり重要です。話は少し変わりますが、新しい生活に慣れなくてストレスが強くなってから抜け毛が増えた方や女性の社会進出が増えたせいか髪の毛が悩んでいる方が多くなっています。

 

それぐらいストレスで抜け毛が増えてしまう事があるんです。産後も同じで、育児や家事をすると1日なんてあっという間に終わって旦那さんが帰ってきてしまいます。

 

自分の時間も持てないし夜泣きで睡眠不足になったり、抜け毛が増えて不安になったりと精神的に参ってしまう事だってあります。こういったストレスを感じると女性ホルモンが低下するのでそれが抜け毛を増やしているのではないかと思います。家族で協力をしてストレスをなるべく溜め込まない事が大切です。

産後の薄毛は女性用育毛剤で対策

 

産後の抜け毛で困っているなら女性用育毛剤を使ってみるのはありだと思います。髪の毛に栄養を与えて髪の毛の成長をサポートしますし、頭皮が乾燥しないようにします。

 

これを使ったら産後の抜け毛が減るわけではありませんが、これからの事を考えると出来るなら使った方がいいと思います。抜け毛を減らすのではなくこれからの髪の毛の成長には大切なケアです。

 

当サイトで産後の薄毛にお勧めの育毛剤をご紹介しているのでご購入の参考にしてもらえばと思います。

 

●管理人の一言

産後の抜け毛の本数について解説していきました。誰にでも起きる事で本数は対して関係はありません。はじめのうちは気にし過ぎない事が大切です。一般的には時間が経てば戻ってきます。

 

ただ、人によっては上手く回復しない事があるのでそのときにはしっかりとケアをした方がいいという事です。特に、女性の場合はストレスを溜めすぎない事が大切だと思います。