ウィッグとエクステを使うときのメリットとデメリットとは?

産後で薄くなった部位をウィッグで隠す

 

 

産後の抜け毛が原因で前髪や分け目が薄くなってきて悩んでいませんか?このままでは、外に出歩けないし、旦那にもちょっとからかわれて辛い思いをしていませんか?

 

急に抜け毛や薄毛を改善する事はできませんが、ウィッグを使って隠す事が出来ます。このページでは、ウィッグ・エクステを使うときのメリットやデメリットについて解説していきます。

 

薄くなってきたらウィッグで隠そう

産後の抜け毛が増えて薄くなった部位はウィッグで隠すのは今では普通の事です。産後の薄毛で悩んでいる女性の多くはウィッグで隠している方が意外に多いです。今のウィッグは周りから見ても分からないぐらい自然な物が多いです。

 

だから、ウィッグを付ける上で不自然さを気にする必要はないです。ウィッグを付けると分かるのですが、気持ちが凄く楽になって鏡で髪の毛を見る度にストレスを感じる必要がなくなります。

 

また、外に出かけるときにどうにか薄い部分を隠してセットしたり、周りの目を気にして出かけるといった余計な気遣いは不要です。今は、おしゃれ感覚でもつける人が多いので本当に普通の事なんです。

 

ウィッグやエクステを付けた事がない人は抵抗があると思いますが、産後の抜け毛が収まるまで応急処置として利用するのはありだと思います。

どんなウィッグを付けたらいいのか?

ウィッグには、部分的なウィッグとフルウィッグがあります。前髪や分け目など部分的に気になっている方は部分的なウィッグを使用して、全体的に髪のボリュームがなくなってしまった人はフルウィッグを使うと良いです。

 

部分用とフルウィッグでは、値段も2倍近く変わる商品もあります。ウィッグに関しては、アマゾンや楽天で購入するよりもウィッグを専門的に扱っている通販があるのでそちらがお勧めです。

 

オーダーメイドで作ってくれるところもあります。医療用のウィッグもあって色々と調べてくると出てくると思います。

ウィッグを付けるデメリットがある

ここまで、ウィッグの利点を解説してきましたが、デメリットももちろん存在してしまいます。ウィッグをかぶり続ける事で悪化する可能性は否定できません。

 

例えば、ウィッグによって蒸れてしまうと頭皮トラブルによって抜け毛がひどくなったり、付けるときに髪の毛が日常的に引っ張られる事で頭皮の決まった部分に負担がかかるので抜け毛が増えてしまいます。

 

これはウィッグだけでなくオールバックに髪の毛を強く結んでしまったり、長い時間同じ結び方をしていると生え際や分け目が薄くなる原因になります。

 

ウィッグや薄い部分を隠すようなヘアスタイルで抜け毛がひどくなtってしまう事は知っておきましょう。外出するときや友達に会うときは、ウィッグやヘアスタイルでカバーするのもいいですし、たまにはニットや帽子で隠すのもいいと思います。自宅は自然な状態で髪の毛にしましょう。

産後の抜け毛をウィッグを使って乗り切った方の体験談

外注

産後の抜け毛がひどい時期はケアを忘れずにする

これまで、産後の抜け毛による薄毛はウィッグやエクステ、帽子で隠そうという話をしてきました。しかし、それで産後の抜け毛が収まるわけではありません。気持ちが楽になって余計なストレスを溜めずに済むという点では良いです。

 

ですが、普段から頭皮ケアをする事で抜け毛の量をきにしないぐらいまでに出来るかもしれません。今では、産後の向け毛用の育毛剤も販売されているので利用してみると良いです

 

当サイトでも産後の抜け毛対策の女性用育毛剤をご紹介しているので利用してみるといいと思います。

 

商品名
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 産後 抜け毛 ウィッグ