20代女性の薄毛の原因を追及する

20代で薄毛になってしまった原因とは?

 

薄毛って男性だけの悩みだけではなくなっています。女性も抜け毛や薄毛に悩んでいる方が多くなっています。女性の薄毛は更年期や毛母細胞の老化によって髪の毛の成長が上手くいかないなどがあげられます。

 

しかし、最近では20代の若い女性の間でも抜け毛や薄毛で悩んでいる事が方が多いです。若い人でも薄毛になる恐れがある現代社会は非常に怖い様に思います。

 

このページでは、20代の若い女性でも抜け毛が多くなったり薄毛になってしまう原因について解説しています。産後の抜け毛や薄毛についての情報は記載していません。

 

 

女性ホルモンの低下が薄毛になる

 

女性ホルモンは髪の毛にとって重要なホルモンです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。エストロゲンには、髪の毛の成長期を伸ばす働きがありプロゲステロンには髪の毛を維持する働きがあります。

 

髪の毛の成長には女性ホルモンは非常に重要なホルモンです。ですが20代は女性ホルモンが活発な時期なので薄毛の直接的な原因ではないかもしれません。

 

もちろん、人ぞれぞれなので可能性はないわけではありませんが、きっちり調べたい場合はやはり病院に行って調べた方がいいでしょう。

女性の薄毛で多いびまん性脱毛症

 

女性の薄毛で最も多いタイプがこのびまん性脱毛症です。部分的に髪の毛が薄くなるのではなく、頭髪全体が少なるのが特徴で、髪の毛の密度が低下してきます。

 

徐々に進行してくるタイプなので、気づくのが遅れ鏡や髪が塗れたときに髪が薄くなったと気づく事が多い様です。この脱毛症は色々な原因で引き起こされます。

 

加齢やストレス、過度なヘアケア、ダイエットなどがあげられます。年をとれば自然と毛母細胞が老朽化して髪の毛の成長が短くなりますし、ヘアカラーや縮毛矯正など頭皮にダメージを与えるのもダメです。

 

特に、ストレスに関しては、ストレスをため込むと女性ホルモンが低下して男性ホルモンが優位になったり、活性酸素が発生して毛包を慢性的に炎症させ抜け毛の原因にもなります。びまん性脱毛症なのか判断した場合はお近くのクリニックで検査を受けて治療した方がいいでしょう。

牽引性脱毛症は生え際や分け目が薄くなる

 

牽引性脱毛症は、髪の毛が継続的に引っ張られる事で、頭皮の決まった部分に負担がかかり脱毛してしまう物です。いつもお同じヘアスタイルで、髪を強く結び過ぎたり、長い時間同じ結び方をしていると起こりやすいと言われています。

 

例えば、ポニーテールなど髪を結ぶヘアスタイルだと毛が引き抜かれたり、毛根にダメージを負わせます。すると、その負担がかかっている部位の髪の毛の密度が低下します。それによって地肌が透けて見える事があるわけです。

 

この症状の糸は、切れげや枝毛が目立ちます。対策としては、いつも同じ髪の毛にするのではなく髪を下ろしたり、分け目をかえるなどするといいですよ。


●管理人の一言

今回は、若い20代女性が薄毛になる原因について解説してきました。女性ホルモンの乱れもかんがえられますが、びまん性脱毛症、牽引性脱毛症の可能性が高いのではないかと思います。クリニックで一度相談してみると良いですよ。

 

もしくは、女性育毛剤を利用して様子をみるのも1つの手だと思います。実際に、薄毛で困っている方でも育毛剤を使ってからそこまで気にする事がなくなったという方もいます。