20代女性の分け目の薄毛を改善する方法

20代女性の分け目が薄くなる原因と解決方法

 

女性が薄毛を気にし始めるのは更年期を向かえた高齢者女性です。ですが、現在、若い女性の間でも抜け毛や薄毛で困っている方が多いです。特に、25〜34歳の女性で抜け毛が多いと悩んでいる方は5割以上もいると言われています。

 

若くして髪に悩みを持っているのはあなただけではないんですよね。このページでは、20代女性で分け目の薄毛になってしまった原因と解決方法を提案しています。どうぞ、参考にしてください。

 

若い20代女性でも薄毛で悩んでいる人は多い

 

まだ、若い20代で女性だから薄毛とは無縁と思っていたのに…。気づいたら分け目が薄くなっている事に気づいてショックを受けた事があるでしょう。そうなんですよね。若いときでも薄毛になる可能性は十分にあります。

 

薄毛に悩む女性の半数を占めるのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。これは、前髪や頭頂部の抜け毛が増えて、髪が軟毛化する事で地肌が透けて見えるようになります。

 

このFAGAは、40代から発症する割合が多く、更年期に伴い女性ホルモンが低下して男性ホルモンが優位にある事で発症すると考えられています。

 

20代女性は関係ないのか?というと違います。少なからず、20代でも発症する人もいるので否定する事は出来ません。気になる方は一度病院で診察してもらいましょう。

生活習慣が悪いと薄毛になりやすい

 

若いときは結構無理をしがちです。そのため、生活習慣が乱れやすくなっています。生活習慣が乱れるというのは、自分の時間を持つ事ができずストレスを溜めたり、夜更かしです。

 

特に、仕事をしている女性は、ストレスも溜りやすく女性ホルモンが低下して男性ホルモンが優位になる事があります。つまり、髪の毛を維持するのが難しい状態という事です。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期間を伸ばし、維持する働きがあります。女性にとって女性ホルモンが非常に重要です。だから、ストレスは溜め込まずに発散してスッキリする事が大切です。

 

夜更かしは、成長ホルモンの恩恵を受けられなくなってしまうかもしれません。成長ホルモンは髪の毛の成長に欠かせません。成長ホルモンはゴールデンタイムの22〜2時に分泌するので遅くとも24時までには寝るようにしましょう。

偏った食事は栄養不足になる

 

1人暮らしの人は、食事が偏っている方が多いので栄養がとれていない事が多いです。さらに、偏食でいつも同じ物ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

 

髪の毛は、毛細血管から栄養を吸収します。髪の毛が栄養をもらえるのは、一番最後と言われていて、余った栄養が髪の毛に行きます。だから、栄養不足になると髪の毛が上手く成長しにくいわけです。

 

食事が偏っている人だけでなく、朝食を抜いてしまう人やダイエットで食事を制限をしている人も髪の毛にとってはよくないと言われています。

 

実際にダイエットをして痩せたけど、髪の毛まで痩せてしまい髪の毛にボリュームがなくなってしまいます。髪が細くなるとかなり残念な感じで不幸な見た目になってしまいます。つまり、食事というのは、髪の毛にとってかなり重要です。しっかりと、栄養を取りましょう。

ヘアスタイルが脱毛の原因になっている

 

ヘアスタイルが薄毛の原因になる事があります。クセ毛の人はヘアアイロンを使うと思いますが、ヘアアイロンで髪の毛を引っ張たりするのはよくないです。

 

ヘアアイロンだけでなく、継続的に髪の毛を引っ張る髪型にすると、頭皮の決まった部分に負担がかかるので髪が抜けやすくなってしまいます。例えば、ポニーテールとかです。

 

長い時間同じ髪型をしていると生え際や分け目が薄くなってしまう事があるんです。このような薄毛をけん引性脱毛症と呼んでいます。だから、常に同じ髪型ではなく変えたり、家では髪は下ろした方がいいでしょう。

薄毛対策にお勧めの成分

 

これまで、20代女性の薄毛の原因について解説してきました。女性の薄毛を治療するためには、やっぱり病院でするのが一番だと思います。しかし、お金や時間、薄毛の事を相談するのが恥ずかしい!といった理由でいかない方もいます。

 

そういう人のために、自宅で出来る育毛法をご紹介します。ただ、自宅では限界があるので、これをやっても満足いかない場合は病院へ行った方が良いです。

 

まず、自宅で出来る育毛はやっぱり食事です。育毛のために必要な成分をご紹介します。

 

●髪の毛の99%はたんぱく質
髪の毛の99%はたんぱく質で出来ています。髪の毛のためにもタンパク質をしっかりとる事が大切です。タンパク質からケラチンとL-シスチンが出来ます。このケラチンとL-シスチンが髪のほとんど構成しています。

 

ただ、注意したいのが、L-シスチンは、アルコールやタバコの摂取によって大量に消費されるので、もしかしたら、アルコールの飲み過ぎや喫煙が原因かもしれません。

 

●ビタミンやミネラルの摂取
ビタミンB1は、細胞の代謝や活動エネルギーを生産するのに大切な栄養素です。パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)は、細胞成長や代謝に不可欠です。他にも葉酸(ビタミンM)は細胞分裂を活発化させる働きがあります。

 

ミネラルでは、亜鉛が特に重要です。タンパク質の合成や細胞分裂を助ける働きがあり、FAGAの原因物質でもある5-αリクターゼを抑制する働きがあると言われています。

 

ビタミンとミネラルは本当に重要です。野菜やサプリメントで補給するのがいいと思います。

 

●大豆イソフラボンが女性ホルモンを整える
大豆イソフラボンは、知っている人も多いと思います。大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た化学構造で植物性エストロゲンを多く含んでいて、女性ホルモンと似たような作用を持ちます。そのため、女性ホルモンを整える事が出来ます。

 

また、毛周期を整えるために重要な細胞成長因子であるIDGF-1というホルモンを分泌するので、髪の毛の成長に重要です。豆乳や納豆に多く含まれているのでお勧めです。

女性育毛剤を使ってみよう!

 

自宅で育毛したいなら女性用育毛剤は必要不可欠です。育毛剤には、頭皮を乾燥させないようにしっかりと保湿して外部からの刺激から守ってくれます。

 

また、髪の毛の成長を助ける成分が多く含まれているので、髪が細かったのが元気になったという声もあるので、分け目に地肌が見えている人は、髪が元気になるだけで目立ちにくくなります。

 

今では、女性用育毛剤が非常に多くあり、どれを選んだらいいのか分からないと思います。当サイトでは、20代女性に向けて分け目の薄毛にお勧めの育毛剤をご紹介しているので参考にしてください。


●管理人の一言

今回は、20代女性の分け目の薄毛にコンプレックスを持っている方のために原因や解決方法をご紹介してきました。あまりにもひどい場合は、一度病院へ行く事をお勧めします。

 

また、育毛にお勧めの成分をご紹介しているので、サプリメントや食事に合わせてとっていくのがいいと思います。育毛プリメントもあるので利用してみるといいと思います。