大豆イソフラボンと産後の抜け毛の関係とは?

大豆イソフラボンが産後の抜け毛を落ち着かせる?

 

産後の抜け毛は妊娠中に増えた女性ホルモンが出産をしてから急激に低下する事が関係しています。大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た化学構造を持っていて似た働きをします。

 

大豆イソフラボンは髪の成長を助ける働きがあるので、積極的にとりたい成分の1つであると思います。このページでは、大豆イソフラボンと髪の毛の関係、1日の摂取量について解説していきます。

 

大豆イソフラボンの働きと髪の毛との関係とは?

 

大豆イソフラボンは胸が大きくなる事に関係していると言われて知っている人も多いと思います。イソフラボンは、髪の持続的な成長に欠かせない女性ホルモンと分子構造が似ています。

 

そのため、植物性エストロゲンとも呼ばれており女性ホルモンと似た作用を持っています。だから、産後で乱れたホルモンバランスを整えるために大豆イソフラボンはお勧めです。

 

また、イソフラボンには、IGF-1という細胞成長因子の分泌を促します。IGF-1は、細胞の増殖や毛周期の成長期を促進する働きがあります。髪の毛の成長にはとてもいい成分です。

 

さらに、イソフラボンの中にゲステニンという成分があり抗酸化力を持っています。老化の原因になっている活性酸素を除去する働きがあります。大豆イソフラボンは髪の成長に非常に役に立つ成分だと言えます。

大豆イソフラボンの1日の摂取量

 

大豆イソフラボンの1日の摂取量は75mgが上限です。イソフラボンは、豆乳や豆腐に多く含まれています。しかし、日本人の平均摂取量は30mgです。

 

恐らく、ほとんどの人が足りていないと思います。毎日豆乳を摂ったりサプリメントで補うなどの工夫が必要です。注意としては、母乳期間のサプリメントの服用は止めましょう。

 

母乳で育てている時間は、食事から大豆イソフラボンを摂取するようにしましょう。豆乳や豆腐以外では、納豆や油揚げ、きな粉、みそなどがあります。過剰摂取にならないように注意はしましょう。

産後の抜け毛には育毛剤がお勧め

 

産後の抜け毛対策として、大豆イソフラボンを摂取するのはいいと思います。しかし、それだけで抜け毛を抑える事が出来るかはかなり微妙です。

 

産後の抜け毛は半年間は続くのでこの期間はどうしようもないです。しかし、この期間やその後にしっかりとケアをしないと元の神のボリュームに戻らない方もいます。

 

そうならないためにも、女性用育毛剤を使ってしかっりと髪の成長をサポートして頭皮環境をよくしましょう。当サイトでは、産後の抜け毛育毛剤をご紹介しているので購入の参考にしてください。

 

●管理人の一言

今回は、大豆イソフラボンと髪の毛の関係について解説しました。大豆イソフラボンは乱れた女性ホルモンを整えるのにお勧めの成分です。日ごろから適量を摂取するのが望ましいです。

 

また、産後の抜け毛が気になる方は女性育毛剤を利用して抜け毛がひどい期間と抜け毛が終わり元に戻る期間に利用する事で健康的な髪の成長をサポートします。抜け毛からの薄毛が心配な方は利用するといいと思います。